伊東市医師会だより 2017年10月

医師会の役割は、年中切れ目なく、伊東市民の健康を守ることです。
1人の力では不十分でも、医師会員61人が日夜様々な活動を通じて、皆さんの健康管理を行っています。

 1つは「健康推進・管理事業」。
お年寄りから子どもまで、安心して暮らせる健康サポートとして
 ①母子保健・学校保健事業での子どもの健康管理
 ②予防医学としての特定健診
 ③災害救急医療として日曜祝日当番医や夜間救急医療センター当直
 ④医療介護連携を含めた高齢者医療
を行っています。

 もう1つは「医師教育や市民に向けた病気啓発活動」。
医療技術や知識は日進月歩で進んでいます。
最新の医療知識の取得は皆さんの命を守ることになります。
伊東市医師会では、生涯教育制度を取り入れた定期的な学術講演会を開催し医療技術や知識の向上を図っています。
また、市民講座を開催して病気の啓発にも努めていますので、これからも伊東市医師会活動を見守ってください。

伊東市医師会 会長 山本 佳洋

消化器診療;機能性胃腸症の問診

機能性胃腸症は、プライマリーケアで重要な疾患です。症状を良く聞いて診断することが大切です。そのために、消化器問診表をうまく利用しましょう。

現在、プライマリーケアの問診表を作成中です。

消化器診療に、機能性胃腸障害のプライマリーケアができる診療の役割について記載しています。下記アドレスで見れます。

https://med.astellas.jp/EM/WW/?p=36e2c0eca970655f4aeeff421be20eec

その問診表を使って、地域の先生方と協力してよい結果を出したいと考えています。

消化管運動改善委員会

消化管運動についてのインタビューを受けました

詳しくは下記をご覧下さい

http://kanja.ds-pharma.jp/message/shokakan/column3.html